忍者ブログ
日々の出来事を色々ちぇっくしてるよ。
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

商人(しょうにん)とは、商品を他の商品との物々交換、あるいは貨幣とをもって交換を行う作業を仲介する職業(商業)に従事する者を指す。

朝鮮半島、中国のような儒教文化圏においては両班、進士などの読書階級を尊び、農業を尊んで商人を過度に卑しい人間と見なす慣習(農本主義)があり、商人において自尊心を保つことが困難な状況にあった。このためこれらの地域では、日本や西ヨーロッパで発達した商道徳が未発達であった。従ってこれらの地域では信用取引などの制度の発達が遅れた。

日本史学界では、古代日本には商人がいなかったとするのが通説ではあるが、これは古代日本に商業が存在しなかったという意味ではない。当時にも大規模な商業・流通網が存在したと推測はされるものの、それは主として豪族などの支配階層が従事・関与していたために商業を専業として従事する独自の階層が出現しなかったという意味である。日本の律令で皇親・五位の官吏の商業従事を禁じているのは、これらの階層が権力を利用して商業活動をして巨利を貪る事を防止する意図があった。逆に中国や朝鮮半島と異なりそれ以下の官吏に対して禁じなかったのは彼らの出身母体である中小豪族層が商業を兼業している現実を追認したものであると言われている。律令制下の都には東西に市が設置され、そこに市籍と呼ばれる戸籍を有する「市籍人」と地子を納める代わりに商売を許された者がいた。

日本で独立した商人階層が形成されるのは、律令制と中小豪族が没落する平安時代中期以後であるとされる。市以外の場所で商売を行う者が出てくるようになる一方、有力な権門と結びつく者も現れるようになる。貞観6年(864年)に市籍人が貴族や皇族に仕える事を禁じた命令が出されている。やがて、有力権門や寺社の雑色・神人などの身分を得てその権威を背景に諸国と京都を往復して交易を行うようになる。やがて、権門や寺社を本所として仰いで奉仕の義務と引き換えに諸国通行自由・関銭免除・治外法権などの特権を保障された集団「座」を結成するようになった。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

最近テレビでみてたけど、大阪は商人の町だったからいいものを安く手にいれると、つい値段をいっちゃうらしいよ。東京の人はプライドが高い貴族?みたいなものだったから、絶対に値段とか言わないんだって。
大阪ってすごいよね。興味ありあり!


PR
 不動産会社は宅地建物取引主任者の有資格者や事業免許が必要ではあるものの、飲食業などと同じく参入が比較的容易であることから、中小の個人経営の会社まで含めると非常に裾野の広い業界である。また、不動産専業ではなく建設会社や工務店など施工業者がそのままマンションや建売住宅の分譲を行っているケースや、鉄道事業者や鉄鋼メーカーなど他業種の企業の一部門及び子会社が不動産事業を行っているケースも多く見られる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

不動産業者

バブル景気

バブル景気(ばぶるけいき)とは日本の経済史上で1980年代後半~1990年代初頭にかけてみられた好景気である。指標の取りかたにもよるが、概ね、1986年11月から1991年秋までの4年数か月間を指すのが通説となっている。この場合、いざなぎ景気(1965年11月~1970年7月の4年9か月間が通説)に次ぐ戦後3番目の好況期間となる。

過剰な投機熱によるバブル経済によって支えられ、その崩壊(バブル崩壊)とともに急激に後退。同時に1973年より始まった安定成長期も終焉を迎え、その後の平成不況(複合不況、失われた10年)の引き金となった。

【フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より】

セゾンカード

コーポレート・ガバナンスとは、株主や債権者などの資本提供者と従業員や取引先などの利害関係者が企業経営者を監視し、効率的な経営を行わせて企業価値を高めようとする仕組みを指す。日本では従来、メインバンクが株主に代わり、債権者の立場から企業経営者をモニタリング・監視する役割を担ってきた。しかし、1980年代に入って企業の自己資本力が強化され、金融の自由化・国際化によって資金調達手段が多様化したことで、企業はメインバンクから遠ざかるようになった。これにより、メインバンクによる監視機能が働かなくなり、企業が暴走するきっかけとなった。さらに銀行も、ほとんど審査を行わず、甘い貸出し条件で融資を積極化させ、企業の安易な投資を促進させる一因となった。このように、日本的コーポレート・ガバナンスが崩壊したことにより、バブルが発生したとの見方が多い。

<PR>

高額融資キャッシング 
格安 国内旅行

発行会社の新株を、所定期間内に決められた価格で一定量購入できる権利(新株引受権)が付いている社債を指し、ワラント債と呼ばれる。転換社債と同様、普通社債よりも低い利率で発行できる。

転換社債との最も大きな違いは、転換社債が転換後、会社の自己資本となる一方、ワラント債の場合は、新株引受権を行使した後も、社債が存続し続ける点である。1985年以降は、社債部分と新株引受権部分を分離できる、分離型ワラント債の発行も認められるようになった。

<PR>

イオン クレジット

ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新CM
[05/23 dektan]
[05/13 hosfotci]
[05/04 ynrericbo]
[05/02 wuxagobniwv]
[05/02 gifjobuxodpu]
プロフィール
HN:
ちぇっくちゃん
性別:
非公開
バーコード
フリーエリア
忍者ブログ [PR]