忍者ブログ
日々の出来事を色々ちぇっくしてるよ。
[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

預金取扱金融機関のカードローンは、貸出枠を設定し、当座貸越専用(カードローン)口座として貸出限度まで繰り返し1円単位で借り入れられる。金融機関によるが、総合口座のキャッシュカードと一体となったものと、キャッシュカードと分離しているものがある。

商品として個人向けには、担保・保証人が不要の無担保型と、不動産の抵当権などを保証会社へ差し入れたり住宅ローン借入中の者にその抵当権を活用し、別に貸付枠をつけて発行する有担保型が有り、この他金融機関によっては個人事業者向けに発行するカードローンもある。

無担保型の場合は系列の信用保証会社・保証協会またはクレジットカード会社や信販会社・消費者金融会社が、有担保型で不動産の場合は住宅ローンと同様に、系列の信用保証会社・保証協会の抵当権を設定の上機関保証を行い、金融機関から直接融資を受ける形態となる。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

プリーバ カードローン
PR
個人向け金融取引の形態も多様化していることから、借金を申し込む個人が複数の金融機関から借金を受けていることも多い。このため、金融機関にとっては自己が保持する信用情報だけでは正確な審査ができない可能性があることから、金融機関間での信用情報の共有も盛んに行われている。なお、この情報共有は信用情報機関を媒介として行われている。

なお、信用情報機関では会員会社からの登録によって、支払遅延等のネガティブな情報も記録され、それらが会員会社の審査時に材料として使われる事になるが、その信用情報機関がブラックリストなどの様式化された資料を保有している訳ではない。
(ただし債権者側(クレジット会社)等が収集した信用情報などを元に、独自に「要注意人物リスト」「延滞者リスト(俗に言う『社内ブラック』)」などを作成・保有している事は否定できない。)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

信用情報機関



上海市と浙江省・杭州を結ぶリニアモーターカーの延長計画をめぐり、賛成と反対の議論が活発化している。延長推進派はリニアを「技術の自主開発の象徴」「長江デルタ地域の発展推進」と位置づけ建設を主張。一方、反対派は、上海~杭州間の高速鉄道建設計画を盾にリニアの膨大なコストを問題視して、延長を断念すべきとしている。さらに沿線住民の反対の声も加わり、今のところ建設のめどは立っていない。延長計画をめぐる費用対効果の議論の迷走ぶりは、国務院(中央政府)を巻き込んだ新たな問題となりそうだ。 
6月22日8時0分配信 NNA

中国株の可能性
おすすめブログ
 証券取引等監視委員会は15日、三菱UFJフィナンシャル・グループの旧ダイヤモンドリースと旧ユーエフジェイセントラルリースの合併情報を公表前に入手し株取引を行ったとして、両社の社員2人に対し、証券取引法違反(インサイダー取引)で課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告した。金額は旧ダイヤの社員が20万円、旧ユーエフジェイの社員が42万円。

 2005年4月に導入された刑事告訴するほど悪質ではなくても罰金を科すことができる「課徴金制度」が、M&A(企業の合併・買収)にからむインサイダー取引に適用されるのは今回が初めて。監視委は、市場の公平性確保のため、課徴金制度を活用したインサイダー取引の摘発を強化しており、今年だけですでに5件目となる。
6月16日フジサンケイ ビジネスアイ


信用取引とその市場用語一覧
 クレジットカード(Credit card)とは、商品を購入する際の決済(支払)手段の一つ。又は、契約者の番号その他が記載され、及び記録されたカード型の証票等である。磁気(磁気ストライプ)によるものとICによるものがある。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

金融とクレジット業界のツボを押さえるための実践講座
<< 前のページ 次のページ >>
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[05/23 dektan]
[05/13 hosfotci]
[05/04 ynrericbo]
[05/02 wuxagobniwv]
[05/02 gifjobuxodpu]
プロフィール
HN:
ちぇっくちゃん
性別:
非公開
バーコード
フリーエリア
忍者ブログ [PR]